ページトップへ

現場レポート

  • 地域別
  • すべて

S様のお家

1.2018年06月07日
土台・大引の施工
土台・大引の施工
基礎の上には床下換気の基礎パッキン(写真上では黒く見える部材です)を施工し、その上に土台・大引と呼ばれる構造材を施工していきます。

2.2018年06月05日
基礎工事
基礎工事
基礎工事が終わり、給排水の配管を床下に施工していきます。
3.2018年05月21日
配筋検査
配筋検査
基礎は建物にかかる荷重や地震によって水平に生じる力を地盤に逃す役割を持ち、構造上とても重要な工事になります。
配筋については、本数、太さ、位置など細かく仕様によって決められています。
配筋が終わると管理者によって、仕様通り正しく配筋がされているかをチェックする検査を受けます。
4.2018年05月14日
工事着工
工事着工
いよいよS様邸の工事が着工しました。
まずは砕石敷きからです。地耐力を確保するために砕石を全体に敷き、機械を使って地盤を締め固める工程です。地盤の支持力を増大させる工事です。
5.2018年03月26日
工事着工前に地鎮祭を行います。
地鎮祭とは建築などで工事を始める前に行います。その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ることです。神を祀って工事の無事を祈る儀式で安全祈願祭と呼ばれることもあります。
神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れていき、工事の無事を祈っていきます。
いよいよ工事がスタートしていきます。