耐震等級とは何ですか?

建物の強さを表す品確法の住宅性能表示の一つが耐震等級です。3段階の等級があります。

建築基準法では数百年に一度程度の地震(震度6強~7程度)に対しても倒壊や崩壊しない、

数十年に一度発生する地震(震度5程度)で損傷しない程度の水準が決められています。

建築基準法の範囲内を等級1、建築基準法の1.25倍の等級2、建築基準法の1.5倍が等級3になります。

ちなみに等級3は、学校や病院の耐震基準となります。

よくあるご質問(Q&A) |よくあるご質問(Q&A)

ページトップへ