現場レポート

地域別|すべて

O様のお家

建築中レポート

1.2020年09月10日
手洗器の施工
手洗器の施工

オリジナルの素敵な手洗い器が完成しました。
ボウル、水栓、タイル、選んだものがカタチになる幸せがありますね。

2.2020年08月31日
リビングドアの取り付け
リビングドアの取り付け

木製のリビングドアの取り付けを行いました。
色はラベンダー色です。
可愛いドアですね。

3.2020年08月22日
室内内装工事
室内内装工事

室内の仕上げでクロス工事が入りました。
アクセントクロスもこだわってお選びいただけます。
選ぶ楽しさがありますよね。

4.2020年08月17日
キッチンの搬入
キッチンの搬入

現場にキッチンが搬入されました。養生がしてありますが木製のキッチンになります。

5.2020年08月17日
室内の塗装工事
室内の塗装工事

室内の木部に塗装をしました。梁や窓台、階段の踏み板や手すり、造作の部分などそれぞれ打ち合わせでお決めいただいた色を塗装しています。

6.2020年08月17日
リビングドアの取り付け
リビングドアの取り付け

木製のリビングドアの取り付けを行いました。
アイアンの上吊りドアです。
色が素敵ですね。

7.2020年08月17日
塗り壁工事
塗り壁工事

外壁の仕上げに塗り壁を施工しました。
白の塗り壁は人気がありますね。
窓モールで可愛くアクセントをつけています。

8.2020年07月22日
石膏ボードの施工
石膏ボードの施工

室内に石膏ボードを施工しました。
天井に穴が空いているのはダウンライトを取り付けるためです。

9.2020年07月09日
床材の施工
床材の施工

大工さんによって無垢の床材を張っていきます。
季節によって無垢の床材は収縮します。
無垢の床を熟知した大工さんが施工するため安心していただけます。

10.2020年06月27日
断熱材の施工
断熱材の施工

内部には断熱材を隙間無くしっかりと施工し、更に室内側に気密シートを施工していきます。この工程で室内結露が壁内で起きないようにしていきます。気密シートの施工には細かな作業が必要になりとても大切な工事になります。
すき間のない家づくりには必要な工程です。
室内結露が起きると構造材が傷み、カビやダニが発生し、シックハウスを引き起こす原因にもなりますので、しっかりと工事を進めていきます。

11.2020年06月27日
石膏ボードの施工
石膏ボードの施工

断熱材、気密シート施工が終わると次は壁となる石膏ボードを張っていきます。

12.2020年06月22日
外装工事
外装工事

外部の工事も進んでいきます。
外部用のボードの上に、まずは下地のベースコートを塗り、更にプライマーという下地を重ねていきます。最後に仕上げの塗り壁を塗っていきます。
ボードが張られてくるとお家らしくなりますね。

13.2020年06月22日
軒天の塗装
軒天の塗装

庇の軒天や腕木など木部を塗装しました。塗装されると重厚感が出ますね。

14.2020年06月17日
防水シート張り
防水シート張り

外部の工事も進んでいきます。
外部には透湿防水シートを張ってきます。細かい箇所には専用の部材と防水テープで綿密に施工し、雨水の浸入を防いでいきます。

15.2020年06月09日
屋根工事
屋根工事

棟が上がると、屋根工事が始まります。まずは下葺材を施工し防水処理をしていきます。その後、瓦を施工していきます。

16.2020年06月02日
上棟式
上棟式

本日は上棟式です。
家づくりの中でみなさんとても楽しみにしていらっしゃる日が上棟日ですね。
朝から大工さんが工事を進めていきます。
上棟式とは、工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくりあげていこうとする意思表示の会です。無事に棟が上がったことを喜び、感謝し、今後の工事の安全も祈願していきます。

17.2020年06月01日
土台・大引の施工
土台・大引の施工

基礎と土台の間に基礎パッキンと呼ばれる樹脂製の通気部材を組み込んでいきます。基礎から土台を浮かせることができ、湿気が伝わるのを防ぐことができます。床下換気口も作らなくても良くなるので、構造の弱点が少なくなります。
パッキンの上に土台・大引と呼ばれる構造材を施工していきます。さらにその上に床のベースとなる床構造合板を施工していきます。

18.2020年06月01日
足場の組み立て
足場の組み立て

現場に足場が組み立てられました。
明日はいよいよ上棟式です。

19.2020年05月22日
給排水の配管工事
給排水の配管工事

給排水の配管を床下に施工していきます。

20.2020年04月17日
基礎工事②
基礎工事②

基礎は建物にかかる荷重や地震によって水平に生じる力を地盤に逃す役割を持ち、構造上とても重要な工事になります。
配筋については、本数、太さ、位置など細かく仕様によって決められています。
配筋が終わると管理者によって、仕様通り正しく配筋がされているかをチェックする検査を受けます。

21.2020年04月10日
基礎工事①
基礎工事①

基礎の外周部に型枠を設置しました。砕石を敷き、しっかりと転圧をしていきます。
これからコンクリートの打設などの工程へ流れていきます。

22.2020年04月09日
工事の着工
工事の着工

地盤調査後、基礎工事から着工していきます。

23.2020年03月20日
地縄張り
地縄張り

敷地に対して配置が決まると縄を張っていきます。縄を張ることで建物の位置を確認していただきます。

地域別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ