現場レポート

地域別|すべて

E様のお家

1.2019年05月24日
階段の取付工事
階段の取付工事

着々と階段が出来上がっております。
これまでは、はしごを利用していましたが、階段が取り付けられ
大工さんの作業効率もアップしていきますね。

2.2019年05月23日
外壁の工事
外壁の工事

外壁が塗られました。タケシバ建設では、外壁は塗り壁で施工しております。
長い目で見ると塗り壁の方がコストパフォーマンスが良く、見た目も美しいです^^

3.2019年05月14日
造作カウンターの施工
造作カウンターの施工

キッチンに対面する造作カウンターが施工されました。
朝食やお茶の時間、またはお子様の勉強机など様々な用途で活躍しそうです。
完成が待ち遠しいですね!

4.2019年04月17日
気密シートの施工
気密シートの施工

内部には断熱材を隙間無くしっかりと施工し、更に室内側に気密シートを施工していきます。この工程で室内結露が壁内で起きないようにしていきます。
室内結露が起きると構造材が傷み、カビやダニが発生し、シックハウスを引き起こす原因にもなりますので、しっかりと工事を進めていきます

5.2019年04月16日

外部用の専用ボードを張っていきます。

6.2019年04月09日
床の施工
床の施工

床材が現場に搬入され施工していきます。オークの無垢材です。シンプルでかっこよく人気があります。

7.2019年03月27日
透湿防水シートの施工
透湿防水シートの施工

外部には透湿防水シート、細かい箇所には専用の部材と防水テープで綿密に施工し、雨水の浸入を防いでいきます。
第三者機関の検査員によって、防水などの処置がきちんと施工されているかを厳しく細かく検査を受けていきます。

8.2019年03月27日
断熱材の施工
断熱材の施工

内部には断熱材を隙間無くしっかりと施工し、更に室内側に気密シートを施工していきます。この工程で室内結露が壁内で起きないようにしていきます。
室内結露が起きると構造材が傷み、カビやダニが発生し、シックハウスを引き起こす原因にもなりますので、しっかりと工事を進めていきます

9.2019年02月25日
瓦の施工
瓦の施工

下葺材の上に瓦を施工しました。

10.2019年02月21日
屋根工事
屋根工事

上棟が終わると、屋根工事が始まります。まずは下葺材を施工し防水をしていきます。その後、その上に瓦を施工していきます。

11.2019年02月21日
上棟式②
上棟式②

棟が無事に上がると夕方から上棟式を始めます。
上棟式とは、工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくりあげていこうとする意思表示の会です。無事に棟が上がったことを喜び、感謝し、今後の工事の安全も祈願していきます。
E様、本日は上棟まことにおめでとうございます。

12.2019年02月21日
上棟日
上棟日

本日は上棟式です。大安で天気にも恵まれました。
夕方に行う上棟式に向けてレッカーさんも現場に入り、棟を上げていきます。

13.2019年02月16日

基礎工事から大工工事へと移っていきます。
基礎の上には床下換気の基礎パッキン(写真上では黒く見える部材です)を施工し、その上に土台・大引と呼ばれる構造材を施工していきます。

14.2019年02月07日
給排水の配管工事②
給排水の配管工事②

給排水の配管を床下に施工しました。

15.2019年02月05日
給排水の配管工事
給排水の配管工事

基礎の型枠が完成し、給排水の配管工事をしていきます。

16.2019年01月30日

ベースコンクリートがある程度乾いたら、基礎内部の立ち上がり部分の型枠を組む工程に進み型枠が完成します。その後コンクリートを打設していきます。

17.2019年01月23日
配筋検査
配筋検査

基礎は建物にかかる荷重や地震によって水平に生じる力を地盤に逃す役割を持ち、構造上とても重要な工事になります。
配筋については、本数、太さ、位置など細かく仕様によって決められています。
配筋が終わると管理者によって、仕様通り正しく配筋がされているかをチェックする検査を受けます。

18.2019年01月16日

砕石敷きとは、地耐力を確保するために砕石を全体に敷き機械を使って地盤を締め固める工程です。地盤の支持力を増大させる工事です。防湿シートを敷き、外周部に型枠を組んでいきます。

19.2019年01月11日
工事着工
工事着工

本日よりE様邸の工事が着工します。まずは基礎工事からになります。

地域別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ