冬暖かく、夏涼しい家を作るための太陽の日当たり設計のコツ

2024/07/15(月) お家のこと

住宅の設計において、太陽の日当たりを考慮することはとても重要です。

特に冬には、南面の窓を利用して自然のエネルギーを取り込み、暖房費を抑えることができます。

しかし、同時に夏の暑さ対策も考える必要があります。

太陽の日当たりを考慮した住宅設計のポイントと注意点についてお話します。

 

冬の暖かさを取り込む設計


冬には、南面に大きな窓を設けることで、太陽の暖かい光を室内に取り込むことができます。

具体的には、1間(約1.8メートル)の掃き出し窓であれば、電気ストーブ3台分に相当する熱エネルギーを取り込むことができます。

これにより、室内は自然に暖かくなり、暖房費を大幅に抑えることができます。

 

夏の暑さ対策


一方、夏には同じ南面の窓が室内に熱を取り込んでしまう事がデメリットとなります。

このため、日射遮蔽を同時に考慮することが重要です。軒を長くすることで夏の高い太陽高度に対して日射を遮ることができます。

また、庇を設置することで、夏の日射を効果的に遮断し、冬の低い太陽高度の際には日射を取り込むことができます。

軒や庇では遮蔽が難しい東西北面の大きな開口部には外部の遮蔽部材を活用することも考慮すべきです。

例えば、外付けブラインドやシェード、すたれなどは夏の直射日光を防ぎ、室内温度の上昇を抑えることができます。

 

シミュレーションによる配置の検討


そもそも日が当たらない場所に窓を設置しても太陽熱を利用する効果は得られません。

実際の敷地にどの程度日が当たるかをシミュレーションし、建物の配置を慎重に検討する必要があります。

周囲の建物や樹木などが影響を与えるため、正確なシミュレーションが重要です。

 

 

 配置を決める要素


建物の配置を決める際には、車の駐車スペースとの関係や庭やアウトドアスペースとの繋がり、そしてその土地から見える景色を最大限に活用することも重要です。

これらの要素をバランスよく考慮しながら、最適な配置を決定します。

 

パッシブデザインの重要性


最終的に、太陽熱を利用するパッシブデザインの要素を取り入れることで、エネルギー効率の高い快適な住宅を実現することができます。

自然のエネルギーを最大限に活用し、季節に応じた快適な環境を作り出す工夫が必要です。

 

まとめ


太陽の日当たりを考慮した住宅設計は、快適な住環境を作り出し、エネルギー効率を高めるためにとても重要です。

冬には暖かく、夏には涼しい家を実現するために、適切な日射の取り込みと遮蔽の方法を考えましょう。

また、建設地の環境をシミュレーションし、最適な配置を検討することも重要です。

これらのポイントを押さえることで、快適でエコな住まいを実現することにつながります。